スイッチ 河崎商人市 - 水と親しむきっかけとなる造形ワークショップ -

三重県の河崎商人市では、毎年、勢田川の水を使ったワークショップを開催しています。

河崎は勢田川の水運で栄えた問屋街。伊勢・河崎は伊勢神宮への魚の献上やお陰参りで賑わう伊勢の台所としての役割を果たしており、たくさんの人たちが和船に乗って勢田川の水運を利用していました。そんな勢田川の水と親しむきっかけとして、昔から利用されてきた和船をモチーフにした牛乳パック号を子供達と一緒に作って遊んでいただきました。

牛乳パック号は牛乳パック1本分で1つの船を作れるようにすることや、簡単な材料、組み立て方で進むよう実験し、最終的な形を決めました。